「悪人」の感想

公開日:  最終更新日:2018/02/05

悪人

この映画は、見終わったすぐはとても暗い気持ちになりましたが、繰り返して見直すとより深い意味を感じることができ、大好きな映画になりました。

妻夫木聡が演じる清水は、色々な偶然や彼の純粋な優しさがゆえに犯罪を犯してしまいます。

爽やかな役を演じることが多い妻夫木ですが、この映画では暗く執念深い男性を演じていて、ぞくっと寒気がしてしまうほどの演技力でした。

タイトルにもある悪人とは、罪を犯してしまった清水のことだけではなく、清水の周りを取り巻く人間たちも悪人であると感じました。

実際に、悪人とはどういう人間のことを指すのか。

罪を犯したものが悪人なのか、悪い心をもつものが悪人なのか、色々と考えさせられました。

また脇役ではありますが、満島ひかりの醜い今時の女性を演じている姿にも、とても感動し、彼女に対して憎しみさえ感じました。

彼女の図々しく計算高い醜さがうまく演じられていて、彼女も悪人の中の1人だと確信してしまいました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑